夜高あんどん

夜高あんどん祭りの由来

 それは今をさかのぼること350年前、承応2年(1653年)、越中・砺波の里での出来事でした。福野村
の鎮守の氏神として、伊勢神宮より御分霊を勧請した遷宮の行事、御一行は、加賀と越中の国境である倶利加
羅峠にさしかかったろころで日暮れを迎えてしまい、どうにも先へ進めぬようになってしまったのです。
 この知らせを飛脚で知った村民達は、手に手に燈火用のあんどんを持って峠へとはせ参じ、村を挙げて奉迎したとか。これを起源として祭りが生まれ、地元で代々受け継がれてきたということです。
 そして昭和52年、当町の開拓者・沼田喜三郎翁のふるさと(現在の富山県小矢部市)の松本市長と津沢の有志の方々により、沼田町の開基80年(昭和49年)を喜縁としてわが町に伝承されたのが、「夜高あんどん祭り」である。
 はるか津沢で灯されたあんどんの灯は、沼田町民の心にも赤々と火を灯し続け、早四半世紀を迎えました。


    IMG_0698_1024.jpgIMG_0696_1024.jpg
    IMG_0745_1024.jpgIMG_0741_1024.jpg


夜高節

1.沼田乃夜高穂に穂が咲いてヨ
     石狩雨竜のササ名物ヨ
     ササドッコイサノサ
     ヨイヤサヨイヤサ

2.清水の鯉のぼりゃ沼田の瀧ヨ
     おもいかなえばササどこまでも

3.ことしゃ豊年嫁入りどきヨ
     一升かついでササむかえゆく

4.沼田乃郷に行燈たててヨ
     木乃葉木のもとササ小矢部川

5.おらが沼田も本家の津沢も
     まちが繁昌でササ秋祭り

           昭和54年9月9日沼田神社奉納
           作詞 元小矢部市長 松本 正雄

2011年の製作状況


色々なイベントも重なるこの時期、作業も遅れていますが、あんどん連の皆さんも頑張って作業しています。

IMG_0721_1024.jpgIMG_0716_1024.jpgIMG_0707_1024.jpg
IMG_0718_1024.jpgIMG_0713_1024.jpgIMG_0719_1024.jpg


DSC_1839_1024.jpg
8月18日撮影

祭り本番まで1週間と迫る中、釣りあんどんのみならず、御祝儀車、ざぶとんも真っ白・・・間に合うのだろうか・・・



  • 最終更新:2011-08-20 13:32:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード